学生ローン 立川

母子家庭で育った私の学生ローン体験談

私は高校三年生になった時、今後の進路について悩んでいました。

 

「家にはお金もないだろうし、私立大学へは行けない。国立大学へ入れなかったら自動車道整備士の専門学校でも行こうかな。そうすれば親にもそこまで迷惑掛けなくてすむし。。」

 

裕福な家庭であればこんな悩みを持つことも無いのでしょうが、いくら愚痴ったところで何もかわりません。
とりあえず、国立大学の中でも比較的入りやすそうな田舎の人気薄の国立大学を受験することにしました。

 

結果、奇跡的に合格!

 

母子家庭で育った私の学生ローン体験談

 

まさか受かると思ってなかったのでその時は親と一緒に喜びました。これで負担が軽くなると。

 

そうして、ここから具体的な学生ローンの話がでてきます。金利が低いし借りれるだけ借りておいたら?母の提案で私は迷わず月10万円の学生ローンを申し込むことにしました。

 

結果、大学4年間で480万円という負債をかかえることになったのです。

 

金利が約1%、20年間で月々約21000円の返済をしている現在、なぜ10万円も借りてしまったのだろうと後悔しています。バイトもしており学生ローン込みで月々15万程度も収入があったにもかかわらず、結局それらを全て使い切ってしまっていました。月々の生活費が足りなくなることもリスクですが、借りた分だけ使ってしまうというのもまたリスクだと思います。

 

これから借りる人には、学生ローンは月々の額が多すぎずまた足りなくならない程度の金額を借りるようにしっかり検討することをオススメします。